痛くない・怖くない。美しい歯の治療は【品川港南歯科クリニック】 品川駅港南口より 徒歩3分

診療時間 10:00-19:00 (土曜17:00) tel. 03-6433-1120
24時間受付OKご予約・ご相談mainIcon

虫歯治療TOOTH DECAY
TREATMENT

できるだけ抜かない・削らない。痛みの少ない虫歯治療

身近な病気である虫歯は早期発見、早期治療することが大切です。
とはいえ、治療時の痛みや歯を削ることへの不安感が大きく、
なかなか治療に踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。
品川港南歯科クリニックではできるだけ歯を削らない、抜かない、そして痛みの少ない虫歯治療を実践し、
治療時の患者様への負担を減らすことはもちろん、
美しく自然な見た目や健やかな口内環境を維持するための将来を見すえた虫歯治療を行っています。

当院の虫歯治療の特徴

虫歯治療をスタートさせる最大の妨げとなる痛みや恐怖感。
品川港南歯科クリニックでは表面麻酔の併用やさまざまな治療器をご用意することで痛みを最小限に抑え、安心して受けていただける虫歯治療を提供しています。痛みや不安の軽減はもちろん、見た目の美しさも配慮した虫歯治療を実施しておりますので、虫歯にお悩みの方は是非、一度当院へご相談ください。

当院の虫歯治療の特徴

特徴①歯科のイメージを変える痛みの少ない治療

当院では、患者様の緊張を和らげ、安心して治療を受けていただけるように、まずどのような治療を行うか、分かりやすくご説明いたします。その上で表面麻酔や局所麻酔を併用し、痛みを最小限に抑えた治療を行っていきます。「虫歯治療は痛いもの」「いきなり歯を削られた」こうした歯科治療のネガティブなイメージを変えることこそが、その後の虫歯治療や定期検診を積極的に受けていただくきっかけになると考えています。痛みに敏感な患者様も是非、ご来院ください。


特徴②できるだけ削らない正確な虫歯治療

歯を削ったあとに残る部分を『残存歯質(ざんぞんししつ)』といいます。残存歯質が少ないと歯の土台が揺らいで脱落を招くことが。つまり残存歯質がどのくらいあるかが歯の寿命を大きく左右すると言えるのです。
したがって歯を残すためにはできるだけ歯を削らないことが重要になってきます。正確な治療を行うことは、残存歯質とかぶせ物や詰めもののすき間から細菌が入って虫歯が再発する『二次う蝕 (にじうしょく)』の予防にもなり、予知性の高い治療を実現。なお当院では、技術の高い歯科医師が正確かつ効率的な治療を行っていますので、治療期間の短縮が可能です。


特徴③見た目の美しさにもこだわる虫歯治療

虫歯治療はとりあえず痛みがなくなればいいというものではありません。虫歯は治ったものの、思い切り笑えなくなったり、話すときに口元が気になるようになったりしては、満足度の高い治療とは言えないでしょう。
当院では虫歯治療で使用する詰めものやかぶせ物素材も患者様のご要望に合わせてできる限り自然な見た目に仕上がるものもご提案します。保険適用の銀やレジンの他、審美性の高いハイブリッド素材やセラミック、ジルコニアなど豊富な種類をご用意しています。より美しい口元を目指す患者様は審美治療もご検討ください。

虫歯の原因を正しく理解して虫歯予防

虫歯は何度も繰り返す人もいれば、虫歯になりにくい人もいます。では、なぜ虫歯ができるのでしょうか。
ここでは虫歯の原因を詳しくご説明していきます。


冷たいものや甘いものが虫歯にしみる原因

冷たいものや甘いものが歯にしみるようになって虫歯に気づいたという経験をお持ちの方は多いでしょう。
歯の内部には歯髄(しずい)と呼ばれる神経組織があります。この神経組織が冷たいものや甘いものの刺激を脳に伝えることで歯がしみるようになるのです。しかし、歯の表面にあるエナメル質にはこの神経が存在しないため、虫歯の初期段階では歯がしみたり痛みを感じたりすることはありません。つまり歯がしみるということは虫歯が進行しつつある状態なのです。
では、もう少し詳しく虫歯の進行度合いについて見ていきましょう。

虫歯の進行度合い

口内の虫歯菌が食べかすなどから作り出した強い酸によって歯が溶かされた状態が虫歯です。歯は表面部分から、エナメル質、象牙質、神経(歯髄)に分かれており、どの層まで虫歯菌が到達しているかによって進行度合いが異なります。進行具合は歯科検診などでよく耳にする『C0~C4』のステージで示されています。


初期段階の虫歯CO

初期段階の虫歯C0では、歯の表面がわずかに溶けて白や茶色に濁ります。 透明感がなくなった状態は虫歯の前兆とも言える段階です。また、噛み合わせ部分が茶色になることも。この段階では、歯科医院でフッ素を塗るなどして歯質を強化しながらホームケアを正しく行い、経過観察を行います。

初期段階の虫歯CO

エナメル質に到達した虫歯C1

虫歯菌がエナメル層に到達し、穴が開いた状態がC1です。エナメル層には神経がないため、まだ痛みはありません。この段階では虫歯部分を削ってつめ物をするのが一般的な治療法ですが、症状が軽いうちはC0と同様、歯質の強化やホームケアを行って経過観察することもあります。

エナメル質に到達した虫歯C1

柔らかい象牙質に到達した虫歯C2

虫歯が象牙質まで到達した状態がC2。C2になると冷たいものや甘いものに歯がしみるようになります。象牙質はエナメル層に比べ、柔らかいためC2の段階では進行スピードが早いので注意が必要です。やがて虫歯が神経である歯髄に近づくと歯が痛み始めます。この段階では虫歯菌の影響を受けた象牙質を削って、詰めものやかぶせ物で歯を修復します。

柔らかい象牙質に到達した虫歯C2

神経に到達した虫歯C3

歯の神経である歯髄(しずい)に虫歯が到達した状態がC3。ここまで虫歯を放置すると、虫歯菌が神経(歯髄)に到達し、炎症を引き起こします。これは『歯髄炎(しずいえん)』という症状でズキズキした痛みを伴います。歯髄炎でも『歯髄充血』と呼ばれる段階では神経を除去する必要はまだありません。症状が進行した場合は患部の象牙質や神経を除去し、洗浄、消毒して薬剤を詰めてかぶせ物をする『根管治療』を行います。根管治療を適切に行うことで歯を抜かずに残すことが可能です。

神経に到達した虫歯C3

根に到達した末期の虫歯C4

『歯冠(しかん)』と呼ばれる歯の見える部分のほとんどがなくなり、歯の根っこ部分(歯根)だけが残っている状態が末期の虫歯C4です。神経が死んでいるため、痛みはありませんが歯を残すことが難しくなります。ほとんどの場合、抜歯をして入れ歯やブリッジ、インプラントなどで歯の機能の補う治療が必要です。

根に到達した末期の虫歯C4

品川港南歯科クリニックで行う根管治療の種類

当院で行う根管治療には『垂直加圧充填(バーチカル)』や『側方加圧充填(ラテラル)』の他、レーザー治療があります。
根管治療ではまず、汚染された歯髄を除去しながら洗浄、殺菌。その後、歯髄のあった『歯髄孔(しずいこう)』と呼ばれる部分を器具で拡大し、殺菌した上で防腐作用のある根管充てん剤を詰めていきます。

垂直加圧充填(バーチカル)は半固形状の根管充てん剤を詰めて、垂直に押して歯髄孔に詰めていく方法です。
歯髄孔は先が細くなっているため、垂直に押して充てん剤を詰めることで確実に封鎖することができます。

一方、側方加圧充填(ラテラル)は、根管充てん剤を詰めて側方から加圧しながら歯髄孔のなかに緊密に充てんしていく方法です。
根管治療では根管充てん剤を歯髄孔の先(根尖)まで確実に詰めてから封鎖することが重要となります。
当院では根管の状態に合わせた充てん方法を選択していきますが、通常の器具を使った方法で根管内部を清浄、殺菌する方法の他にレーザーを照射して細菌や感染物質を除去する方法も実施。
レーザーは通常の器具が届かないような根管の奥や枝分かれした部分にまで到達するため、より治療の成功率を高めることが可能です。

当院で行う根管治療には『垂直加圧充填(バーチカル)』や『側方加圧充填(ラテラル)』の他、レーザー治療があります。

当院の治療時の痛みを緩和する2つの工夫

工夫①:表面麻酔
歯科治療の痛みを軽減させる注射による局所麻酔。ただし、麻酔の注射を打つ際の痛みに耐えられないという方は少なくありません。
当院の場合、麻酔を打つ前に粘膜を麻痺させる表面麻酔を使用し、このチクッとした痛みをなくし治療をします。

工夫②:麻酔の注入技術
細い注射針を使用し歯茎に圧力をかけない注射の打ち方をすることでも麻酔時の痛みを和らげることができます。

虫歯予防こそが最も効果的で重要な虫歯治療

虫歯予防は非常に重要な虫歯治療のひとつです。定期検診を受けて初期段階で虫歯を発見・治療すれば、痛みを感じることなく虫歯を治すことが可能。また、ホームケアで除去できない歯の汚れや歯石を除去することで、虫歯になるリスクを低下させ清潔感のある口元を実現できます。
当院では虫歯になる危険性カリエスリスクを患者様ごとに判断し、正しいホームケアを指導することで、虫歯予防の意識を高めていただくお手伝いをしています。「正しいブラッシングできているか不安」「デンタルフロスの使い方が分からない」など虫歯予防に関する疑問点があればどんなことでもお気軽にご相談ください。

虫歯治療をご検討の方へ

痛みを感じるようになってから歯科医院へ行くという方は、非常に多くいらっしゃいます。残念ながら痛みを感じるレベルまで虫歯が進行してしまうと自然に治ることはありません。治療方法や麻酔の種類が充実している今、虫歯治療の痛みは軽減され治療期間も短くなっています。一度、痛みの少ない治療を経験していただければ、治療に対する抵抗感がなくなり、その後も積極的に定期検診を受けようという気持ちになっていただけるでしょう。このように品川港南歯科クリニックでは虫歯治療に対するネガティブなイメージを変え、患者様の健やかな口内環境を保つお手伝いをいたします。安心して通える歯科医院をお探しの方は是非、当院にご相談ください。